popmartclub blog

お買い物の記録とか、その他いろいろ。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
EPSON カラリオ PM-A870
EPSON カラリオ PM-A870 (JUGEMレビュー »)

最近購入しました。この機能でこの価格はなかなかお買い得
RECOMMEND
タイトル未定 (CCCD)
タイトル未定 (CCCD) (JUGEMレビュー »)
ザ・ローリング・ストーンズ
DVD付きは延期未定だそうです
RECOMMEND
X &Y (Non CCCD)
X &Y (Non CCCD) (JUGEMレビュー »)
コールドプレイ
最高傑作
RECOMMEND
U2ファイル
U2ファイル (JUGEMレビュー »)
スローガン
年表つくりに参加させていただきました
RECOMMEND
Apple iPod U2 20GB [MA127J/A]
Apple iPod U2 20GB [MA127J/A] (JUGEMレビュー »)

カラーディスプレイが羨ましい。昨年焦って購入した私の立場は(苦笑)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
2005 3月のお買い物
この記事は2005年3月のものです

3月2005


「Guero / Beck」
「Sometimes you can't make it on your own / U2」(DVDシングル)
「Waiting for the siren's call / New Order」
「Human after all / duft punk」
「Empty hands / Mellowhead feat,佐野元春」




ベックのアルバム、デラックスエディションを買いました。私はCDのみでもいいかな〜と思っていたのですが、相方が「でもさー、やっぱり欲しくない?」と言ったので買ったはいいのですが・・・。結局まだDVDのほうは見てないし・・・・(泣)。
一曲目のイントロ、ハードなギターが鳴るところには、一瞬「おや?」と思ったが、それ以降はベックの思う壺。(というか「おや?」も思う壺か)
前作「シーチェンジ」の落ち着きと、「ODELAY」の軽快さがミックスしたような雰囲気のとても心地良いアルバムだと思う。そして、なんか「大人になったなぁ〜。ベックちゃん。」と思ってしまいました。
なんか、余裕があるんだよね。音の隙間に、メロディに。もう「ベックちゃん」なんて呼べないな。



U2のDVDシングル。これまた微妙・・・・・。

タイトル曲のビデオはスタジオライブのもの。U2.comでPVが30秒くらいあったので、てっきりそちらかと思っていたのに・・・。そして、今回は「Vertigo」の砂嵐バージョンのPVが収録。まぁ、そんなに好きじゃないんだけど・・。
それにしても、このシングルCDとDVDシングルの繰り返しリリースの仕方はいかがなものか?
基本的には、CD+DVDという仕様は好きではないのですが、なんだかそれぞれがたいしておいしくないので、抱き合わせで1890円とかにしてくれたほうが、お財布的には助かる。



おっと、ニュー・オーダーだよ〜ん。

まさか、復活後2作目がでるとは思っていなかったので、びっくり。気まぐれ?それとも金欠?いや、もうけがあるかどうかは知らんけど・・・(笑)。前作は、かなりロックテイストなアルバムだったんだけど、今回はまさに、「ザ・ニュー・オーダー」な曲が多い。これでいいのよ、これで。
変わらぬマンチェスター・ビート。それは懐古趣味に聞こえるかもしれないけど、マンチェスター・ビート イコール ニュー・オーダーなんだからさ。古臭いとか、懐かしいとかそういうんじゃないんだよね。
アジアン・カンフー・ジェネレーションの人が訳詩を担当した曲が日本のみのボーナストラックとして収録されていて、日本語で唄っているんだけど、下手くそなボーカルが、更に更に下手くそ&へなちょこになっていて最低で、最高に面白い。さすが、バーニー。



ダフト・パンクさ。

デビュー早々にブレイクしたわりに、ずいぶんとインターバルが長かった。
これはなかなかかっこいいです。前作の軽薄さに踏み込むところをギリギリのところでこらえる、70年代風味のディスコ・ミュージックを期待していると見事に裏切られる。非常に渋さと凄みを増したアルバム。
「この曲!」といった特出した曲がない感じがするところが、ちょっと残念ですが。今後、どうなっていくのが楽しみでもあります。


メロウヘッドの佐野元春をゲストボーカルに迎えたシングル。
メロウヘッドって誰?若手なのか、そうでもないのかそれすらもわかりません・・・。元春のファンだから買いました。
70年代の鈴木茂や大貫妙子など、当時の言葉で言えば「シティ・ポップ」風(ダサイ言葉だ・・・)なサウンド。でも、キンモクセイよりは、ずっとロックより。まぁ、ポップバンドとロックバンドの違いですが。
ボーカルのメロディラインが驚くほど元春。元春のメロディラインは(少なくとも日本人には)元春以外には生み出せないと思っていたが、あら大変!って感じです。(笑)





でも、どのアルバムも「いきがいい!」って感じではなく、もし点数をつけるとしたら70点〜75点くらいでしょうか。う〜ん、もしかしたら、自分の音楽に対するモチベーションがここ数年で下がっているのかも。

昨年発売された愛しているU2のアルバムが個人的には「がつん」とこなかったので、しばらく「がつん」というアルバムに会っていないなぁ。オアシスに期待するしかないかな?

スポンサーサイト
- | 17:15 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dararaka.jugem.jp/trackback/15
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.