popmartclub blog

お買い物の記録とか、その他いろいろ。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
EPSON カラリオ PM-A870
EPSON カラリオ PM-A870 (JUGEMレビュー »)

最近購入しました。この機能でこの価格はなかなかお買い得
RECOMMEND
タイトル未定 (CCCD)
タイトル未定 (CCCD) (JUGEMレビュー »)
ザ・ローリング・ストーンズ
DVD付きは延期未定だそうです
RECOMMEND
X &Y (Non CCCD)
X &Y (Non CCCD) (JUGEMレビュー »)
コールドプレイ
最高傑作
RECOMMEND
U2ファイル
U2ファイル (JUGEMレビュー »)
スローガン
年表つくりに参加させていただきました
RECOMMEND
Apple iPod U2 20GB [MA127J/A]
Apple iPod U2 20GB [MA127J/A] (JUGEMレビュー »)

カラーディスプレイが羨ましい。昨年焦って購入した私の立場は(苦笑)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
選ばれしもの
この記事は2005年5月のものです

先日、波と闘いながらも見てしまった、キンキ・キッズの「新・堂本兄弟」。


なにやらスペシャルdayだったらしく、生中継でメドレーLIVE。



キンキの二人はもちろん、豪華バンドメンバー達もボーカルをとったりして、演奏する曲群ももちろん知っている曲ばかりだし、すごく見ていて楽しかった。村上”ポンタ”秀一がC-C-Bの「ロマンチックがとまらない」をピンクのヅラをかぶって唄うなんて(しかも歌は超下手)、誰が想像しただろう!!きっとご本人もこんな日がやってくるとは、夢にも思わなかったに違いない。


高見沢さんが、Xの曲歌ったのも笑えた。楽しそうだったなぁ。蘭丸(土屋公平・exストリート・スライダーズ)は百恵ちゃんの「ロックンロール・ウィドウ」を歌った(しかも昔より歌上手くなってる〜)。


こうなったら、よっちゃん(野村義男)にはザ・グッバイの「気まぐれワン・ウェイ・ボーイ」を歌って欲しかったのだが、残念ながらそれはなし。よっちゃん歌っとこうよ。絶対企画はあったと思うのだが・・・。他には、キャロル、チェッカーズ、ブルーハーツ、ユニコーン、尾崎豊、サディスティック・ミカバンドなどなどの曲を演奏しました。



私にとっては、「懐メロ」だし、みんな人の曲を歌うわけだから、超豪華なカラオケ大会って感じ。それはそれで、もちろん楽しかったんだよね。



けれど、そんな超豪華な楽しいカラオケ大会がある人物の登場で、一気に激変した。



「雨上がりの夜空に」のイントロが始まる。


そう忌野清志郎のご登場である。



化粧をして、派手な衣装を着なければ、恥ずかしくて人前に出れない小さなロック・スター。稀に出る「歌なし」のTVでは必ずギターを持参しなければ、恥ずかしくて座っていられないロックスター。



キヨシローが登場して、声を張り上げると、なぜだか心なしかバンドの演奏まで上手くなったように聴こえるから不思議だ。もちろん、ポンタさんがドラムを叩き、吉田健がベースというロックファンなら知らない人はいないこの二人が屋台骨を支えるのだから、この番組のためのバンドととはいえ、下手なはずはないのだが明らかにバンドのテンションが上がっている。そして、もちろんTVの前の我が家のテンションも上がる。
TVの中のスタジオと、TVの前の私の家の部屋が(&TVを見ていたロックンロールファンの部屋)が、いやおうなしに、キヨシローのロックンロールに巻き込まれていくのがわかる。



キヨシローがそこにいて、歌う。



それだけで、ロックンロールなのだ。



どんなにロックが好きでも、どんなに人気のあるバンドでも、そうそう簡単にロックンロールの神様に好かれることはない。



ロックンロールを演奏することと、ロックンロールであることは別物。



幸か不幸かキヨシローは、ロックンロールの神様に選ばれてしまった人だ。



そんなキヨシローをTVの前で見ながら、改めて、


ロックンロールファンで良かったと感じた凡人の私なのでありました。



スポンサーサイト
- | 17:23 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dararaka.jugem.jp/trackback/16
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.